キャットフードの原材料(ひまわり油)

「必須脂肪酸」という言葉はよく耳にするはずです。必須脂肪酸は体内ではつくれない脂肪酸で、食べ物から摂取しなければならない脂肪酸で、人だけでなくネコちゃんにも不可欠なものです。

脂肪酸は、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の2つに分かれます。さらに、不飽和脂肪酸は一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸に分かれます。飽和脂肪酸と一価不飽和脂肪酸は、体内で合成できるので必須脂肪酸ではありません。

必須脂肪酸と呼ばれるのが多価不飽和脂肪酸で、一般的に知られているのが、「リノール酸」「リノレン酸」「アラキドン酸」の3つです。多価脂肪酸にはオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸があり、リノール酸とアラキドン酸はオメガ6脂肪酸で、「ひまわり油」などに多く含まれています。キャットフードのパッケージの成分に記載されている「ひまわり油」は、この必須脂肪酸を摂取する目的で配合されています。ちなみに、オメガ3脂肪酸は、α-リノレン酸や「DHA(ドコサヘキサエン酸)」「EPA(エイコサペンタエン酸)」が含まれています。

では、ひまわり油に含まれるオメガ6脂肪酸には、どのような効果があるのでしょうか?

オメガ6脂肪酸に含まれるリノール酸やγ-リノレン酸には、血中コレスレロールを下げたり、中性脂肪を抑制して、血圧の上昇を抑える働きがあります。γ-リノレン酸とアラキドン酸には、血糖値を下げ肥満を予防する効果も認められています。

また、皮膚の保湿には「セラミド」が必要です。セラミドは、皮膚のバリア機能には不可欠な成分で、このセラミドの生成をサポートするのがリノール酸です。皮膚を健康に保ち、パサパサした被毛に艶を与えます。

ひまわり油には、必須脂肪酸以外に、ビタミンEも含まれています。ビタミンEは抗酸化ビタミンとも呼ばれ、脂肪の酸化を抑え、体に有害な過酸化脂質の生成を抑制します。そのため、様々な病気の予防や老化予防に効果が認められています。愛猫の健康維持のためには不可欠なビタミンとも言えるでしょう。

ひまわり油には、愛猫に良い成分が多く含まれています。このような効果を知っていれば、キャットフードの成分に「ひまわり油」と記載されていても納得できますね。

(引用元)
猫が必要とするカロリーについて
http://www.issgc.org/c008.html