キャットフードの原材料(米)

昔の日本では、猫のごはんと言えば、「猫まんま」でした。猫まんまとは、ご飯に鰹節や味噌汁を混ぜたものです。つまり、人の食べ残しをあげていたのです。それでも、魚などが混ざっていればネコちゃんにはご馳走でした。ご飯を食べていればお腹もふくれ、猫には満腹感を与えたのでしょう。しかし、栄養面ではあまり良いとは言えません。

元来猫は肉食で、ネズミなどの小動物をまるごと食べていました。まるごと食べることで様々な栄養を摂取していたのです。お米などの穀物を食べる習性はありませんでした。

お米に含まれる炭水化物は、猫にはあまり必要ないものです。獲物に含まれる程度の炭水化物で十分なのです。また、猫の消化器官は短くて穀物などの消化吸収が上手くできません。さらに炭水化物をデンプンに分解する酵素も持っていません。

では、炭水化物はネコちゃんに全く不必要なものでしょうか?

野生の猫は、小動物を丸ごと食べることで炭水化物も摂取していました。つまり、ある程度の炭水化物は必要と言えます。キャットフードが主流の今、栄養のバランスを考えて炭水化物は配合されています。

キャットフードの原材料の欄に、「米」と記載されているものがあります。これは、炭水化物を摂取目的ですが、注意したいのはもう一つの目的があることです。それは、「かさ増し」です。米は原材料費も安くキャットフード全体の量を増やすには都合の良い材料です。必要以上に炭水化物の量が多いものは、価格を下げるために使用している可能性があります。

炭水化物の量が多いと消化器官に負担を与えるだけでなく、肥満の原因にもなります。必要以上に炭水化物の量の多いキャットフードは避けた方が良いでしょう。

穀物には、お米以外にも「トウモロコシ」や「小麦」などがあります。これらに含まれる「グルテン」はアレルギーを引きやすいもので、注意が必要です。お米には、グルテンが含まれていないので、アレルギーの可能性が少なくなります。比較的安心な原材料と言えるでしょう。

どちらにしても、猫に炭水化物はあまり必要ではありません。愛猫の健康維持を考えるなら、「グルテンフリー(穀物不使用)」のキャットフードも選択肢のひとつですね。

(引用元)
キャットフードになぜ穀物が含まれているのか
http://www.gardencinema.jp/11.html