キャットフードの原材料(コーングルテン)

キャットフードの原材料の欄によく記載されているのが「コーングルテン」です。コーングルテンとは、とうもろこしから抽出されたタンパク質です。トウモロコシタンパクとも言われ、家畜の飼料などによく使用されています。

コーングルテンは、コーンスターチの製造過程でつくられる副産物です。とうもろこしの種子を長時間、亜硫酸水に浸し発酵させたものを遠心分離機にかけます。デンプン(コーンスターチ)が沈殿します。デンプン以外のタンパク質を多く含んだ上澄み部分を取り出して、脱水・乾燥させたのがコーングルテンです。

コーングルテンに対する否定的な意見では、「コーングルテンはコンスターチの製造での『残りかす』でゴミ同然のもの」というのが多いようです。しかし、単純に「ゴミ」と言うのは正しくありません。

コーングルテンには、タンパク質が約60%、脂質が6%、糖質22%、食物繊維1%、ミネラルなどが3%含まれています。高タンパクなのでトウモロコシタンパクと呼ばれているのです。

タンパク質と言うと肉などのイメージが強いですが、キャットフードに記載されている量は、素材の量です。生肉は、60%~70%が水分です。実際に含まれるタンパク質は約20%です。つまり、原材料で肉とコーングルテンが同じ量だとしたら、コーングルテンの方が、タンパク質の量が多くなります。

動物性タンパク質と植物性タンパク質との違いはありますが、抽出して加工されたコーングルテンは消化率も90%以上で肉の消化率よりも良くなっています。

穀類で心配なのがアレルギーです。コーングルテンも穀類ですからアレルギーの可能性は否定できません。しかし、小麦などに比べるとそのリスクは低いものになっています。

最近では、穀物を使用しない「グレインフリー」のキャットフードに注目が集まっています。しかし、このようなプレミアムフードは価格が高いのが難点です。

無理せずに、愛猫の健康も考えてたキャットフード選びをするためにも、キャットフードに含まれる原材料のメリット・デメリットは正しく理解しておきたいものですね。

(引用元)
猫の体質に合った、適切なキャットフードとは?
http://www.frontier-k.co.jp/85.html
ノーグレイン(穀物不使用)キャットフード
http://www.avonparkafr.com/nogureinn.html