キャットフードの原材料(とうもろこし)

穀物は、猫には消化が悪いので食べない方が良いと言う意見が多くあります。しかし、キャットフードには様々な穀類が使用され、その中でもほとんどのキャットフードの原材料に入っているのが、「とうもろこし」です。

とうもろこしが、キャットフードの原材料として良くないと言われる理由は2つあります。ひとつは、とうもろこしの細胞壁はセルロースが主成分になっています。とうもろこしを消化するためには、このセルロースを分解しなければなりません。しかし、猫はセルロースを分解する酵素を持っていないのです。つまり、消化吸収することができません。

もうひとつの理由は、とうもろこしに含まれる「グルテン」です。このグルテンは愛猫のアレルギーを引き起こす要因とも言われています。

ではなぜ、キャットフードのメーカーはとうもろこしを原材料に使用するのでしょうか?

主な理由は、「便秘対策」です。腸内に残った食物繊維であるセルロースは、水分を吸収すると膨張します。これにより便の排泄が円滑におこなわれるようになるのです。「毛玉ケア」のキャットフードにとうもろこしが多く入っているのは、この働きを利用するためです。人がこんにゃくを食べるのと同じように腸内をキレイにダイエット効果も期待できます。

しかし、この効果もマイナスになる場合があるので注意が必要です。胃腸が弱くなったネコちゃんには、腸内に残った食物繊維が逆に便秘を引き起こすことがあるようです。また、過剰に穀類を摂取すると消化不良になり、下痢や嘔吐、腹痛、便秘などを引き起こしやすくなります。

このようなリスクのあるとうもろこしをキャットフードに使用するもうひとつの理由は、「コスト」です。肉よりもとうもろこしの方が原価は大幅に安くなります。つまり、タンパク質の「かさ増し」として、トウモロコシなどの穀類が使用されているのです。このように、とうもろこしを使用するのには、表向きの理由と裏の理由の2つが存在します。

とうもろこしが入っているから悪いという判断は早計です。猫には炭水化物は必要ないと言われていますが、全くゼロではありません。多くのキャットフードには30%~40%の炭水化物が含まれています。問題は、これ以上に多く炭水化物が含まれているキャットフードです。格安キャットフードなどによくあるパターンなので、配分をチェックして購入することが大切ですね。

(引用元)
キャットフードを変えてアレルギーが出た場合
http://www.vierstra.com/4images3.htm
キャットフードの原材料は?
http://www.kuwanoya.jp/genzairyou.html
高級なキャットフードの基準
http://www.jaxsurfcam.com/koukyuuna.html
激安キャットフードは本当に危ないの?
http://www.inkstainedhands.com/safety.html