キャットフードの原材料(玄米)

猫は元来肉食なので、穀類を消化するのが上手くできません。そのため、穀物の多く含まれる炭水化物を必要とはしていないのです。しかし、全く不必要なわけではありません。野生の猫は、小動物などを丸ごと食べていたので、自然と獲物に含まれている炭水化物も摂取していたのです。

多くのキャットフードには、「お米」などの炭水化物が含まれています。最近では、お米の代わりに「玄米」が注目されています。その理由は何でしょうか?

大きな理由は、玄米は白米よりも炭水化物が少なくビタミンやミネラル、食物繊維が豊富に含まれていることです。特にビタミンBは栄養をエネルギーに変える働きがあります。元気のない愛猫にエネルギーを与えることができるのです。また、ビタミンEは、抗酸化作用があり、健康を保つには必要なビタミンです。

また、玄米の食物繊維に含まれているフィチン酸は、体の中の有害な物質を排出する働きがあり、ガンの予防にも効果があると言われています。但し、ミネラルの吸収を阻害するというマイナス面もあり、過剰摂取はオススメできません。キャットフードに含まれている程度の量なら問題はありません。さらに、食物繊維は便秘の改善にも効果があります。

必須アミノ酸の「アルギニン」が含まれているのも玄米のメリットです。アルギニンには、アンモニアの解毒作用や免疫機能を活性化させる働きがあります。また、玄米に含まれる「カリウム」には、体内に増えすぎたナトリウムを排泄したり、神経刺激の伝達や心臓・筋肉の働きを正常に保つ働きがあります。

このように、玄米には白米よりも様々な効果があります。しかし、玄米は、穀類なのでネコちゃんの胃腸には負担がかかります。また、キャットフードの「かさ増し」として過剰に使われているキャットフードもあるので、含まれている量には注意が必要です。

人の健康維持に必要な栄養素と猫に必要な栄養素には違いがあります。猫は人のように炭水化物を必要とはしていません。まずは、この基本を念頭にしてキャットフードの原材料をチェックして下さい。

(引用元)
安全な原材料について
キャットフード比較.com/origin.html